理研シンポジウム    

小型中性子源RANSが拓く中性子利用と大型施設との連携

- インフラ・ものづくり産業利用での非破壊定量評価への挑戦 -


pro03.png(1110 byte)

日時:2017年12月21日(木)10:00~17:40

会場:国立研究開発法人理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール (埼玉県和光市広沢2-1)


 シンポジウム主旨

理化学研究所が開発する小型中性子源RANSは、ターゲット・モデレータの刷新等継続的な改良・改善により高性能化と安定的稼働の両立を実現させています。パルス中性子線源の特性を生かした物質内部に存在する水の変化や材料組織の変化観察等、物質・構造解析研究も発展し、さらに超小型軽量化の実現に向けたRANS2の開発が着実に進んでいます。  本シンポジウムでは、中性子利用の最大化に向けて一翼を担う小型中性子源と大型施設J-PARCとの連携が果たす役割について展望するとともに、RANSが目指す社会インフラ、ものづくりに貢献する非破壊計測技術開発の進展を紹介し今後の展開の検討を行います。

 プログラム

pro02.png(1110 byte)

 懇談会

日時:2017年12月21日18:00~19:30 於:理研第二食堂(広沢クラブ)

 主催

国立研究開発法人理化学研究所 光量子工学研究領域

 共催

J-PARCセンター(JAEA/KEK)

 後援

国立研究開発法人土木研究所

 申込み

pro02.png(1110 byte) 

 パンフレット印刷

pro03.png(1110 byte)