チームリーダー

大竹 淑恵

【研究内容と成果】

日本国内では中性子ビームはその線源が大型施設等に限られるため、プローブとして優れているにも関わらず、研究、応用に用いる機会が大変少なく新たな展開が待たれていました。私たちは理研キャンパス内に小型中性子源システムを開発しています。このコンパクトな中性子源の高度化や中性子ビームによる新たな非破壊装置や手法を生み出す「見える化」(ソフト含む)の技術開発を行います。可搬型を目指した小型中性子源計測システムの構築、中性子を利用した3次元磁場分布、温度分布、結晶歪み観察など物理量の見える化、評価、予測の技術開発を目指します。RANS(理研小型中性子源システム)を基軸とした技術開発の内容は、世界初の産業利用にも対応したコンパクト中性子源計測システムによる高度イメージング非破壊検査技術開発や橋梁等大型構造物非破壊検査のための高速中性子大面積イメージング用検出予測システムの開発などを行っています。

Member

名前をクリックすると各メンバーのプロフィールが見られます。

大竹 淑恵(チームリーダー)       池田 裕二郎(顧問)       竹谷 篤       須長 秀行       高村 正人       小林 知洋
      池田 義雅       若林 泰生       水田 真紀       箱山 智之       栁町 信三       後藤 誠       橋口 孝夫       見原 俊介
      吉村 雄一       足海 正一       森本 秀夫       石澤 浩美