池田 裕二郎

理研中性子チームにおける研究:先進小型中性子源の開発と利用研究の推進

  1. Y. Ikeda, H. Yamamoto, K. Kawade, T. Katoh, T. Nagahara、”Decay of 148Pr Isomers to Levels of 148Nd”, J. Phys. Soc. of Japan, 47 (1979) 1039
  2. Y. Ikeda, C. Konno, K. Oishi, T. Nakamura,” Determination of Neutron Spectrum in D-T Fusion Field by Foil Activation Technique”, Fusion Technol., 15 (1989)1287
  3. Y. Ikeda, C. Konno, Y. Oyama & T. Nakamura” Experimental Verification of the current data and methods for induced radioactivity and decay heat calculation”, Fusion Eng. Des.18 (1991) 387
  4. Y. Ikeda, C. Konno, T. Nakamura,” Experiment on induced activities and decay-heat in simulated D-T neutron fields: JAERI/USDOE collaborative program on fusion neutronics”, Fusion Technol., 19 (1991)1961
  5. Y. Ikeda, et. al., “Direct Nuclear Heating Measurements and Analyses for Structural Materials Induced by Deuterium-Tritium Neutrons”, 28[1] 28[1] (1995)156
  6. Y. Ikeda, et.al, “Activation Cross Section Measurements for Fusion Reactor Materials at Neutron Energy from 13.3 to 15.0 MeV Using FNS Facility”, JAERI1312(1988)
  7. Y. Ikeda, C. Konno, Y. Oyama, “Absolute Measurements of Activation Cross Section of 27Al(n,p)27Mg, 27Al(n,α)24Na, 56Fe(n,p)56Mn, 90Zr(n,2n)89m+gZr and 93Nb(n,2n)92mNb at an Energy Range from 13.3 to 14.9MeV”, J. Nucl. Sci. Technol., 30[9] (1993) 870
  8. Y. Ikeda, C. Konno, H. Maekawa,” Measurement of Radioactivity Production for 48V, 56Co, and 65Zn Via the (p,n) Sequential Reaction Processes in Titanium, Iron, and Copper Metals Associated with 14MeV Neutron Irradiation”, Nucl. Sci. Eng.,116(1994)19
  9. Y. Ikeda, E. T. Cheng, C. Konno, H. Maekawa,” Measurement of Neutron Activation Cross Sections for the 99Tc(n,p)99Mo, 99Tc(n,α)96Nb and 99Tc(n,n’)99mTc Reactions at 13.5 and 14.8 MeV”, Nucl. Sci. Eng., 116 (1994)28
  10. Ikeda, Y. ,”Nuclear Data Relevant to Accelerator Driven System”, J. Nucl. Sci. Technol., Suppl. 2, (2002)13
  11. Ikeda, Y, “1-MW Pulse Spallation Neutron Source (JSNS) of J-PARC”, Neutron News, 16 (2005) 20

1991年度 日本原子力学会賞論文賞「14MeV中性子源FNSを用いた核特性の研究」4名

2004年度 日本原子力学会賞論文賞「Pitting Damage Formation up to Over 10 Million Cycles Off-line Test by MIMTM」
2008年度 ナイスステップな研究者2008、池田裕二郎、他2名 「先端的な加速器パルス中性子源の開発」
2012年度 日本中性子科学会第8回技術賞受賞 池田裕二郎、他19名「大強度パルス中性子源の開発」

1979年 名古屋大学工学部大学院博士課程原子核工学専攻満了
1981年 学位論文:235Uの核分裂生成物中の希土類核の崩壊による遷移領域核の研究
1979年 日本原子力研究所入所、以来14MeV中性子源を用いた核融合中性子工学研究開始, 14MeV放射化断面積の世界基準実験データベース構築, 中性子核設計の実験的検証によりITER-EDAへ貢献
1985-1986年 米国加州立大学ロサンジェルス校原子力留学
1987年 副主任研究
1992年 主任研究員
1993年 核融合中性子工学研究室長
1992-1995年 Fusion Engineering and Design, Editorial board member
1996年 核破砕中性子源技術研究、MW級水銀ターゲット開発に着手, AGSを用いた水銀ターゲットASTE共同実験日本チーム統括
1998年 高エネルギー中性子研究室長
2001年 核破砕中性子工学研究室長
2003年 中性子施設開発室長
2001年 J-PARC物質・生命科学実験施設(MLF)グループリーダ, J-PARC/MLF施設建設(1MW先進パルス中性子源建設)
2007年 J-PARCセンター物質・生命科学ディビジョン長
2008年 パルス中性子源の完成 最初の中性子発生確認、J-PARCパルス中性子源性能実証
2009年 J-PARCセンター副センター長
2012年 J-PARCセンター長
2015年 JAEA客員研究員J-PARCセンターアドバイザー
2015年 理化学研究所 光量子工学研究領域 特別顧問


コメントは受け付けていません。